医療機器

医療機器の中でも画像診断機器は難しい。機器1台の値段も高いよね。でも、そんなに遠い存在ではない。会社員なら胸部レントゲン検診は毎年受けていると思うし、妊婦さんは超音波検査を受けるし、健康な人でも割と受ける機会が多い。交通事故で頭を打ったらCT検査を受けることもある。実は、ぼくは以前に交通事故で意識を失ってCTをとってもらった。どうも、その後遺症で、ぼくは頭が弱いんだと思う。事故にあってなければもう少しまともな人間になれたはずだ。とても残念だ。不幸中の幸いというか、頭は打ったが顔は無傷だったので、ルックスにはまだ自信がある。

ところで、CT値というのを知っているだろうか。単位はHU(ふぅ)である。納期に余裕があると思って翻訳してたら、最後のページが異様に難しくて納期ぎりぎりになるという経験は誰しもあるだろう。納期まであと60分しかないという時点で無事訳文を送信したらHU(ふぅ)と安堵する。この場合のCT値は60である。-60だと納期に1時間遅れたことになる。つまり、翻訳会社に訳文が届いた時点で死亡である(DOA)。うん?

間違えた、単位はHU(Hounsfield Unit)だ。CT値が-60だと死亡じゃくて脂肪だよ。この単位はCTの開発者であるEMI研究所のHounsfieldさんの名前から来ている。その功績により彼はノーベル賞を受賞した。でもCT機器の開発には莫大なお金がかかる。その資金はEMI社のレコード売り上げから来ていたらしい。EMIに所属していたビートルズが大ヒットした御陰だ。ビートルズがいなかったら、CTスキャナーの開発はもっと後になっていただろう。

なんか嘘くさい話だと思った人、それはこのブログに書いてあるから、胡散臭いと感じるだけであって、別のもっとちゃんとした人が書いている立派なサイトだったら、なるほどーと感心するはずである。ぼくは何をやっても人から信頼されず、60ヘコーです。

|

ビートルズ

ビートルズといっても、ぼくはその世代ではないし、学生の頃は洋楽なんか興味なかった。だいたい英語が嫌いだったから、「なんでわざわざ英語の歌なんか聞かなきゃダメなんだよ!」という感じで全然関心が無かった。大人になって、時々テレビなんかで、なつかしの洋楽特集にビートルズが出てきて、それで耳にする程度であった。まぁ、世界的に有名なグループだから、別にファンでなくてもテレビやラジオで出会うことが多い。

ぼくが興味を持っているのは「僕はビートルズ」という漫画だ。かわぐちかいじが今連載しているのをコンビニで立ち読みしている。最初から読んでいるわけじゃないが、どうやら、ビートルズのデビュー前年にタイムスリップした主人公が、ビートルズのコピーバンドを日本で立ち上げて、当時の日本では画期的なサウンドとして人気を博すという設定だ。今後どうなるのか毎週楽しみにしている。

かわぐちかいじの漫画はそれほど好きではないが、これはとても面白い。音楽をテーマにした漫画は多いが、どれも面白い。だいたいピアノがテーマになることが多いが、指揮者が主人公という場合もある。天才が出てきて、コンクールで優勝するが、壁にぶちあたったり、ねたみや嫉妬を受けたり、挫折したのち復活したり、波瀾万丈だからストーリーが作りやすいのかもしれない。

くだらない漫画の話ばっかじゃなくて、ちゃんと医学や翻訳の内容も書け!という厳しいFAXやメールが只今殺到しております。わたくしはこれらを真摯に受け止め、ビートルズから医療機器翻訳へと展開すべく、不退転の決意でブログの充実と基盤整備の強力な推進を図り、世界に向けて情報を発信すべく、対応状況の把握および開発主体の見直しを検討しているところである。

|

ノーベル化学賞

ぼくは化学のことはサッパリ分からない。アスピリンがどんな構造をしているか書けと言われてもお手上げである。化学には興味ないけど、この時期にブログのタイトルに「ノーベル賞」と書いておけば、誰か間違えてこのブログに来るんじゃないかなーと思って書いてみた。その程度である。いかんせん、このブログは読者が少ないから、ちょっと増やしてみようかという魂胆である。すいませんね、ホントに。で、化学賞の話はこれでおしまい。みなさん、さようなら~(無責任野郎)。

専門書を買ったけど、全然読んでないとか使ってないという経験はありませんか。仕事の依頼があっても、化学合成の内容が中心だったら断る。だって理解できないもん。でも、医学の文書だと思って引き受けてみたら、最後の方にちょびっとだけ有機合成の内容があるという場合がある。気が付かずに引き受けたけど、わずか数行に数時間もかかるというヘマをしてしまった。これじゃ困るなーと思って、専門書を買った。「最新有機合成法●設計と戦略」、化学同人の本だ。

ところが、それ以来、全く化学の内容が来ない。というわけで、この本は高かったけど全然読んでない。こういうこともあるんだよね。用心して買ったのはいいけど、埃をかぶっている。実はこの本のP.339~P.343に鈴木カップリングが説明されている。「鈴木反応は、ハロゲン化ビニルまたはハロゲン化アリールが・・・Pd触媒交差カップリングする反応である」という書いてある。といっても、何のことかハッパわがねす。

この本、仕事には全然役に立ってないが、ブログネタとして使うことができた。良かった。鈴木さんがノーベル賞を受賞した御陰で、この本を買った甲斐があった。でも、たぶん、もう一生使わないと思う。7ヘコーです。

|

大型哺乳類

今年もノーベルの季節がやってきました。ぼくのお気に入りのCMは「のど黒飴 旅立ち編」です。トドクロちゃんがバスに乗ろうとしたのですが、ドアから入れなくて、結局バスだけ去って行くというやつです。ぼくはこの手のベタなコマーシャルが好きです。ノーベル製菓の今年の初任給は大学卒で20万超である。いいなー。ボーナスが出るきちんとした会社に就職したい。でも、ぼくは能力もないし、工場管理なんてできないし、食品衛生の知識もないし、ルックスが良いだけでは採用してくれないだろうと思う。しょんぼり。

ところで、この会社は名前が数回変わっている。以前は大長製菓合名会社だったが、大長食品株式会社となり、1949年に湯川博士がノーベル賞を受賞したときにノーベルという登録商標を取ったそうだ。そして、1959年にノーベル製菓株式会社になった。ま、会社のホームページに書いてあったから読んだだけだけど。

どうやら、商品開発は飴ひと筋のようだ。しかし、決して甘い道だけを歩んできたわけではなさそうだ。火災により巽矢柄町生産工場が全焼したという苦い経験もある。それでも商売をどんどん広めて大成功を収めている。なんでもその道を極めるのは難しいが素晴らしいことだ。ところで、湯川博士って何をした人なんだろうか。調べてみようか思ったが、面倒なので止めた。最近、どうも何事にも興味がわかないというか、億劫というか、どうも何か頑張ろうという意欲がわかない。まずいなー。医学翻訳をしてたら、誰がノーベル生理学・医学賞を受賞したか、常識として知っておいた方がいいと思うが、ま、いいか。めんどくせーや。

ノーベル賞の賞金は1億円ぐらいだと思う。1億円あったら、黒飴を買い占めることができると思う。そうすると、日本中のコンビニから黒飴が消えることになる。そして、買い占めたお金の倍の値段で売ると、1億円が2億円になる。笑いが止まらぬのぉ、越後屋。

話を戻してトドクロちゃんは実は生物学的に見て、なんなんだろうか。トドなのかセイウチなのか。いずれにしても大型哺乳類だよね。動物園に行けば会えるかな。

|

一生懸命

しばらくブログを行進していませんでした。ツッタカター、ツッタカター、♪左、右、ひだり、みぎっ、間違えた。更新していませんでした。最近書くことが無くってね。仕事もないし、医薬翻訳の依頼も無いし、青い秋空を見てボーとしていると、人生そろそろ幕切れかなーと思っています。早期退学、じゃなくて、退職です。来年からどうやって生きていこうかなー。

やっぱ英語だけで食っていくのは難しいよね。今さらながら気づいたのですが、翻訳者として生きていけるだけの英語力が無いということが分かりました。来年1年ぐらいはひたすら勉強してみようかな。それもひとつの手ですよね。1年間一生懸命頑張れば、どのくらい虚力がつくだろうか?実力をつけるのはぼくには無理っぽいから、せめて虚力をつけたい。

「やればできる」。でも本当に「やれる」人は極めて少ない。たとえば毎日10兆円ずつ稼げれば年収3000兆円を超えてしまうが、そんなことは不可能だろう。毎日10兆円稼げれ「ば」日本のGDPを超えることができるが、「ば」というのはあくまで仮定だ。

やっぱ地道に勉強するか。ただ、収入が全くなくなると辛いから、バイトしたいと思う。しかし、ぼくの英語力では塾の講師は無理だと思うし、家庭教師なら、できれば数学も教えられたらいいけど、数学なんて全く覚えていない。高校2年生ぐらいまでの数学を勉強しておこうかな。というわけで参考書を買いに古本屋へ行ってみます。もし、のだめカンタービレの11巻があれば、それも読みたい。

|

«7つの習慣