ランキング

用語集

  • 医学用語
無料ブログはココログ

« 毒素 | トップページ | 消極的勧奨の強力な推進 »

積極的勧奨の差し控え

今日は品質について考察してみます。なんか考察と書くと頭良さげという気がしたのでこう書いてみました。日本製品は高品質だとよく言われます。確かに工作機械や家電はそうだと思いますが、もっと身近なところではどうでしょうか。たとえばグンゼの下着です。「お久しぶりーふ!」

ダンディ坂野、どうしてるかな~。

ぼくは4枚で1000円のぱんつをはいています。安いです。毎日はいて洗濯して干しての繰り返しによって、だんだん伸びてきます。そしてゴムの力が衰えて、もうそろそろ限界かなーという状態になってくるわけですが。驚くことに、4枚が揃ってダメになってきます。1つのゴムがだらーんとなると、他の3枚も衰えてくる。1つがほころんでくると、他の3枚も追従する。ほんと均質なんです。4枚の寿命が驚くほどそろっているのです。

電球や蛍光灯はどうでしょうか。蛍光灯を2本セットで使っていて、1本がついたり消えたりしてももう1本はまだ正常という感じですね。ところがグンゼの場合は4枚揃ってダメになってくるのです。品質にばらつきがない。納期が厳しくても内容が難しくても、常にある一定以上の品質を保つのは難しいですよね。医薬品でも品質基準を満たすため各社日々努力していますが時々回収とか規制当局から警告を受けたりしてます。ところがこの4枚はそれができている。うーん、素晴らしい。とまぁ日本製品贔屓の感慨にふけっているところでふと包装を見てみると、なんとベトナム製と書いてあるではないですか。脳味噌ガーン!

早速、利活使用してみました(利活使用とは利用及び/又は活用若しくは/並びに使用を意味し、「利活用」は網羅性が低いとして『積極的勧奨の差し控え』がなされています)。驚きやショックの表現として「脳味噌ガーン」をお忘れなく。アジアの国々もどんどん実力をつけてきている昨今、日本はこのままでいいのか。政権は交代したが、ここからが正念場だ。みなさんも気を引き締めて明日に向かって走って行こう。明るい未来に向けて!

BGMとともにフェードアウト。

« 毒素 | トップページ | 消極的勧奨の強力な推進 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。